783fd50f.jpg今回も舞台演出用のフォグマシンを利用して照射を撮影してみました。今回は照射パターンをビジュアル化してみました。空気中の煙を解して照射のパターンを見てみようと思ったわけです。実際、煙などなくても光の強いライトであれば普通に照射のパターンを見ることは出来ます。しかし、それを撮影するとなるとなかなか難しいんですよね。

で、今回選んだのがLED LENSERのアドバンスフォーカスできるP17。ベゼルを前後にスライドすることで照射範囲を変更することが出来ます。スポット、ワイドとその中間、この通り実に分りやすく撮影できました。こうして照射パターンが変更できるモデルが増えてきましたよね。近くから遠くまで1本のライトで対応しようとするとなるとこのような機能が役立ちます。

今後も他のライトの照射を撮影して楽しんでみたいと思います。