1a0d02c4.jpgこんにちは、SATOMIです。
今回はちょっと変わった?ライトをご紹介します。

ストリームライト(STREAMLIGHT) 058C サイドワインダー アウトドアモデル

ストリームライト(STREAMLIGHT) 058IC サイドワインダー 赤外線モデル ベージュ

サイドワインダーは世界中で最も多機能な米軍の市街地戦用に特別開発されたミリタリー専用ライトです。アルカリ単3電池2本使用、明るさ20ルーメン、連続点灯最大100時間以上。
サイドワインダーはアウトドアモデル赤外線モデルの2種類があり、アウトドアモデルには緑色LEDが搭載し赤外線モデルにはその名のとおり緑色LEDの代わりに赤外線LEDが搭載しております。

0.5WスーパーLEDは照射用、他のカラーLED3灯は信号用もしくは暗闇での眩惑防止照明として主に用います。それぞれのLEDには4段階調光と点滅機能があり、合計20通りの点灯モードが選択でき、最弱(5%)、弱(20%)、中(50%)、強(100%)、点滅(100% 毎分90回)と、5種類のモードが搭載しております。
セレクターリングを引っ張ってロックを解除しリングを回すことにより、スイッチで点灯させたいLEDを選択できます、登山などで仲間との合図を送るときに間違った色の発信を防ぎます、グローブを嵌めていてもリングにある大きな突起によりわざわざ目で確認することもなく、もちろん暗闇でも選択ミスがありません。
本体にはクリップが付いているので、リュックやベルトなどに装着が可能です。テールキャップには本体と繋ぐワイヤーが付いているので、暗闇での電池交換でも紛失する心配はございません。

変わった点はまず見た目ですね、ライトは丸いイメージだったのですがサイドワインダーは四角です。第一印象は「これは何に使うんだろうか?」と首を傾げました、私と同じで米軍の市街地戦用に特別開発されたミリタリー専用ライト!といわれても「ピン」とこない方も多いでしょう。

このサイドワインダー、四角い為自立も可能です。そしてヘッド部分が185度首振りできるようになっているので自分の好みに調節してハンズフリーで手元を照らしたりすることもできます、これで簡易電気スタンドに早替わりです!!…まったくミリタリー要素0ですが(笑)
アウトドアに使うということにとらわれず、考えようでは日常の一部としての使用も可能です。いろいろ見つけるのも楽しいですよ

交戦時や索敵時を主に使用するSUREFIREシリーズとは異なりサイドワインダーは手元の確認や地図の確認と、敵に気づかれないコトを目的としたライトです。
なので明るさは最大20ルーメンと控えめです。
別売りでサイドワインダー専用のアクセサリー、ヘルメットアタッチメントをフリッツやMICH等米軍系のヘルメットなどに取り付ける事で、サイドワインダーや同形状ライトがマウントできるようになります。


SUREFIREと言えばしばらく入荷していなかったE2DLが再入荷いたしました、この機会にぜひおもとめくださいっ!