74416749.jpgこんにちは、SATOMIです。
スティンガーシリーズ樹脂モデルの紹介です。

ストリームライト(STREAMLIGHT) ポリスティンガー 充電式キセノンライト


ストリームライト ポリスティンガーはボディーに衝撃に強い樹脂素材を採用した軽量化モデル。握り心地は若干やんわりな感じです、なによりあまり冷たくなかったです
ライトってアルミ合金とかが多いので今時期持つとかなり冷たいのですよ!
まぁ、手袋をすれば解決なんですが…冬時期、素手でも優しいライトです。
全米の警察にも広く採用され、その耐久性と性能は実証済みです。

全長187mm、重量247g。充電式ライトで7V 6Wキセノン電球を搭載しています。操作方法はスイッチを押すと点灯、もう一度押しますと消灯となります。ノンスリップグリップを採用し、手に確りとなじむデザインになっています。 半押しで間欠点灯可能。
リフレクターがオレンジピールなのですが、拡散形かなと思いきや集光よりでした。結構シャープで真っ直ぐ光を放ちます。屋内外問わず利用が可能です。

SUREFIREのG2も樹脂モデルのキセノンライトですね、今回はG2と比較したいと思います。全長120mm、115g。ポリスティンガーよりは一回り程小さいです
G2は腐食性を持つ非伝導性新素材「NITROLON」を使用しています。
明るさは65ルーメンとポリスティンガーの半分。電池はCR123Aリチウム電池を2個使用しています。
ランタイムはポリスティンガーが1,2時間、G2が1時間とポリスティンガーのほうが若干ランタイムが長くなっております。
ポリスティンガーの方がスペックが上な気がしますがこのG2、SUREFIRE P60L 純正LED交換ユニットを取り付けることによってLED化も可能なのです、LED化にすると1時間のランタイムがMAX10時間になります。これだけで使い道が広がります、ほとんどの方がご存知かと思われますけど補足までに。カスタマイズ性、汎用性にはSUREFIREの方が勝りますが、業務用として割り切るのであれば、ストリームライトの充電式ライトは他社の充電モデルと比べても非常に魅力的なスペックと質感を持ち合わせています。

標準充電がなんと約10時間もしなくてはなりません。正直「長いなー」と思ったのですが、急速充電器セットもありましてそれならば約2,5時間と早く充電が完了します。
そして使用後すぐに充電器にさしてもメモリー効果がみられないので、安心していつでも充電できますね。