eb2b219f.jpgSUREFIRE(シュアファイア) EWP-01-BK ボールペン
今年リリースされたSUREFIREの商品の中でも変わった一品であるこのSUREFIRE PEN 。タクティカルライトメーカーがその切削技術を”ボールペン”に投入したモデルです。ボールペンのお尻の部分がウィンドブレーカーになっていて緊急時に車のガラスを割ったりすることができるボールペンです。

そういったSUREFIREならではの特長を差し引いてもボールペンとして素晴らしい商品です。純正で付属のシュミット社のインクは実にスムーズで滑らかな書き心地です。しかし、、このスムーズさが私たち日本人にはちょっと使いづらかったりします。

世の中は広いものでして、ライトマニアなんかよりもずっとたくさんの「文房具マニア」の人たちがいます。私も百貨店やハンズさんの文房具コーナーに行くと密かに心躍るものがございます。友人の一人にもプチ文房具マニアがいましてSUREFIRE PENを紹介しましたが、彼からこんなことを言われました「毎日使うにはこの滑らかな書き心地が仇になるね」と。なぜ?と素人の私は思いましたが、彼曰く「日本語は”とめ”や”はね”が多いでしょ、欧米では筆記体で書く習慣があるからこんなに滑らかでもいいけど漢字を多用する日本人には合わないよ」と。。

言われてみればその通りかも。折りしもお客様からの質問でこんなことを聞かれました。「SUREFIRE PENにゼブラ H芯(0.7mm)は使えますか?」と。正直、全然分りませんでしたので、実際に試してみました。ゼブラのH芯は一般的に流通するボールペンに入っているインクです。皆さんが今お手元で使っているボールペンを開けてみてください。多分、K芯かH芯が入っていませんか?ゼブラ社の代え芯の詳細についてはこちらをご参照ください。

というわけで、実際にH芯を入れてみたところ、入りました。ちゃんと使えました。ただ、代え芯を挿入するジョイント部に少し隙間が出来てしまいました。こういった場合は、インパクトがついたお尻の部分を開けて、内部のネジをマイナスドライバーで調整する必要があります。このネジを調整することで、かなり幅広いインクを装着できそうです。何事も試してみたいと分らないものです。質問をしていただいたお客様には感謝いたします。ありがとうございました。

ちなみに、K芯(0.7mm)も入りました。けっこう入りそうですね。これで漢字対応SUREFIRE PENに変身です!

なんだかSUREFIRE PENがずっと身近になった気分です(笑)。代え芯の値段も安いので毎日に使えますよ。筐体自体は正規代理店取扱品であれば生涯保証書がつきますので末永くご愛用いただける製品です。クリスマスプレゼントはもうお決まりですか?SUREREIF PEN は毎日使う、いつも傍にいる、そして危険が迫ったときは貴方を助ける、そんな存在です。大切なあの人に生涯変わらぬ愛と共に贈ってみてはいかがでしょう?

って、すごく照れるセリフですね。。
ギフトボックス入り

※ご質問を頂きましたので回答いたします。
パーカーの替え芯も使うことは出来ます。どうぞよろしくお願い致します。