bf849756.jpgなかなか便利な商品のご紹介。

ヘルメットにハンディライトを取り付ける為のアクセサリーです。バンドの幅はおよそ5cm 幅広の丈夫なゴム製です。ハンドには穴が4個開いております。その穴にライトのボディを通して固定します。実に単純な取り付け方法ですが、計2本のライトを取り付けることが出来ます。

バンドの直径は収縮時およそ30cm ゴムなので当然伸びます。工事現場や高所作業用のヘルメットのほとんどに装着可能だと思います。既存のヘッドライトではツルツルした表面のヘルメットには取り付け難かったりしますが、このゴムバンドでしたらズレることなく取り付け可能です。また、通常のヘッドライトの明るさでは満足できなかった方にもオススメしたいです。ハンディライトでしたら明るいものはたくさんございますので、お気に入りのものをつけることが出来ます。

普段はハンディライトとして使っているが、ハンズフリーで使いたい時に役立ってくれるものと思います。こちらのバンドはヘルメット用なのでヘルメットをかぶっていることが前提となります。また、取り付けられるライトのサイズが限られます。バンドに開いたライトを通す穴の大きさは20mm ゴム製なのである程度広がりますので厳密に20mm以下のライトでなければ通らないかと言われるとそんなことはございません。ただ、実際に使えるものとしては単3電池以下の細さのライトを使ったもので、あまり凹凸の少ないボディのものが望ましいですね。CR123Aを使用したものであればSUREFIREのエグゼクティブシリーズが入りました。こちらで取付を確認できたものは商品詳細ページをご覧ください

取り付けられるライトはヘルメットの大きさによって左右されますので、予めご了承ください。できるだけ凹凸の少ないツルんとしたデザインのものをつけた方が間違いないですね。

これはお仕事用のアクセサリーだと思いますが、おわん型のヘルメットにも付けてみました。帽体の中身(発砲スチロール)が工事用のものに比べ分厚く帽体の幅は広くなりますので取り付けには苦労しました。おわん型のヘルメットでも、私がもっているPROTECには比較的取り付けやすかったかな?GIROは苦労しました(笑)。これまでおわん型のヘルメットへのライトの装着はガムテープやタイラップで無理やりつけていた方もいると思いますが、コレなら比較的簡単に付けられると思いますよ。是非、ナイトライドにも活用してみてください。

ヘルメットゴムストラップ バンド