ブログネタ
デジタルレーザーメーター 「DLE50」をあなたならどんな風に使いますか? に参加中!
c4d2ab40.jpg先週の土曜の夜に友人と関東某所に照射テストに行ってきました。ハイキングを趣味にされている方はご存知のところではないでしょうか?昼間に行ったことはあるのですが、夜に行くとまた雰囲気が違って荘厳な感じがしました。

ここにはもともと石切り場だったらしいのですが、現在は公園として市民に開放されております。誰が、いつ彫ったかはなぞですが、園内にはアフガニスタンのバーミヤンのような?立派な壁仏があるらしいのです。是非、この場所でX21を照射させてみたい!と思ったのですが。。残念ながら入荷が週末に間に間に合いませんでした。仕方ないので、比較的広角で明るいライトを持っていって比較してみました。ついでなんでたくさん他のライトも持っていって試してみましたよ。

今回は例のBOSCH DLE50 デジタルレーザーメーターを持っていきました。広大な場所ですので、照射距離計測に大変役立ちました。
照射距離 9m
まずはGENTOS SF-705XPLED LENSER P17の違い。
以前から対比してきた2本のライトですが、このような大きな対象物に照射したことがありませんでしたので大変参考になりました。照射距離9mより壁仏を仰ぎ見るようにワイド照射してみましたが、明るさの違いは写真のような感じ。この程度の距離であればやはりSF-705XPの方が明るいようです。





照射距離16m
次に正面16mからのワイド照射 このくらいでも明るさではSF-705XPが明るいです。しかし照射範囲は写真では少し分り難いですが、圧倒的にP17が勝っておりました。この距離でP17が特別暗いわけではありません、ただSF-705XPが明るいだけです(笑)。これがX21だったらどんだけ明るかったことでしょうか。。この日に持っていけなくて残念で仕方ありません。





SF-705XP:20m P17:10m
では、それぞれのライトが最も持ち味を発揮する距離はどの程度かと言うと。ワイドモードではSF-705XPは約10〜20m、P17は2〜10mと思われます。SF-705XPは照射角度をスポットにしても照射距離としては30m程度での使用がベストのようです。それ以上の距離を照らすとなるとP17のフォーカスシステムがその真価を発揮します。







照射距離47m
壁仏から離れて視界の開けた広場から丘上にある展望台をしたから照射してみました。照射距離は47mでした。BOSCH DLE50の最大計測レンジが50mなのでギリギリの距離を探すのに苦労しました(笑)SF-705XPでは50m先の対象を写真に写る程度に捉えることが出来なかったのでZ12TWにチェンジ。
P17のMAXスポットとRAYSVISION Z12TWで比較してみました。P17の飛びっぷりはLEDにしてはやはり凄いです。この日は雨上がりで湿気がかなりありましたのであまり飛ばないかな?と思っていましたが、湿気などものともせずに飛んでいました。Z12TWは225ルーメンのキセノン光、P17よりもワイドに光は飛んでいきました。照射面の視認性は白色のLED光の方がよかったですが、照射対象の全体像といいますか輪郭などはキセノンの方がハッキリとしていたように思えます。なかなか写真では伝わりにくいですが、この差は結構ありました。Z12TWの照射距離は50m程度が限界のようです。それ以上は光が拡散してしまいうまく対象を捉えることが出来ませんでした。しかしP17はまだまだ飛んでいきそうな勢い。残念ながら計測器の性能限界を超えるので正確な数値は計測できませんでした。

明日以降は他のライトでの照射をご紹介いたします。こちらもなかなか面白い結果でしたのでお楽しみに。