0b923ded.jpgハイサイ〜。沖縄の海で使ってきましたLEDLENSE D14。先週の三連休に那覇祭りに行く予定だったのでこの機会に海で使ってやろうと思っていました。

と言ってもスクーバダイビングのライセンスはないのでスキンで楽しむ程度ですが。。おまけに夜のツアーなんて初心者は参加できないので、どんだけ明るいかはほとんど分りませんでした(笑)。まぁ、ただ実際に海で使ってみて体感できたことはありましたのでご紹介させていただきます。

まず、陸で点灯させて「なぜ?」と思ったベゼルの前部の「漏れ光」について。ベゼルのサイドに等間隔で丸い穴がありそこから光が漏れるのです。これが陸の上では「目障り」な存在なのですが、水の中で使ってみますと全然気にならなかったのです。水中なので光が屈折し、見えづらくなっているからでしょうか?不思議と目障りではございませんでした。漏れ光があったほうが便利なくらいでした。実際に点灯している、していないがよく分るのです。対象物が少ない水中ではおそらく光がどれだけ飛んでいるかが地上に比べわかりにくい状態にあると思います。使用者から見た視点でライトがちゃんと点灯しているかどうか確認するのにこの漏れ光が役立つものと思われます。

次いで、重さですが、ほとんど感じませんでした。水中では230g程度の重さであれば持っていることを忘れてしまいそうな軽さでした。このライトには確りとしたランヤードが付属しております。手首に絞って取り付けると落とす心配がなく安心して使えました。水中で手を離してみましたが、やはりライトはベゼルを下向きになりました。ベゼル前方に仕込まれたバラストが機能しているものと思われます。

こんな感じです。今回はケラマ諸島の無人島付近で泳いだのですが、沖縄本島はもうミーニシと呼ばれる北風が吹いており、気温は30度近くあっても風が吹くと涼しいくらいでした。正直、海から上がると寒いくらいでしたね。スクーバダイビングは場所によっては年中やっているそうなので、水中洞窟探検ツアーなど参加される方はマイライトにD14を持っていってみてはいかがでしょう?