SUREFIRE L5-HA-WH搭載LEDをリニューアルして復活したSUREFIRE L5 ロングタイムモデル

L5はM2のLED搭載モデル。搭載LEDはSSCP4 100ルーメンでランタイム約5時間に及ぶ優秀なモデルです。リニューアル前の2005年モデルと比べると65→100ルーメン、3→5時間と、より明るく、より省電力なスペックに仕上がりました。

その外観は注射器持ちを前提としたタクティカルグリップをもち、堅牢なアナダイズドメッキが施されております。全体的に角ばったフォルムはシュアファイアらしく、ミレニアムコンバットシリーズと言っても過言ではないスペックと造形美を持ち合わせています。

非常に重厚なイメージがありますが、ライト本体の重さは200g台前半の軽量なモデルです。注射器持ちをした時に前後の重量バランスがよく、余計な重さを感じません。むしろ拍子抜けするような持ちやすさと軽さです。(ちなみにM6の電池を抜いた時の重さは驚きです。外観からは想像できない軽さです)

配光は中近距離、特に室内使用において持ち味を発揮します。100ルーメンの配光はL4などの拡散光タイプに比べると集光になっており、やや距離のある場所でも強い光を飛ばすことができます。しかし、CREEを使用した集光モデルと異なり、周辺光は広く広がる傾向があり、室内使用時に壁や天井に光が反射し想像以上の明るさを発揮します。6畳程度の広さの室内であれば、戸口からの水平照射で全体を照らす事ができるくらいです。

L5 中心光から広がる拡散性に優れた配光その配光はL4とE2DLの中間のといった感じです。明るさはP60Lを上回る中心光となります。屋外では6PLやG2Lでは若干遠方照射を苦手としていますが、それを克服するモデルとなるとL5になるでしょう。ちなみにL5のヘッドは単体でKL5Aとしてリリースされております。

記憶があいまいですが、旧L5に比べると随分と明るくなった感じです。なによりランタイムが2.5倍にもなったのは嬉しい限りです。機能的に優れたボディデザイン、硬質アルミメッキが施された質感ある仕上がり、絶妙のボディバランスと充分な明るさとランタイム。完璧といは言いませんが6Vで使用できるLEDライトではSUREFIREに内でも最上級モデルと言えるでしょう。

私としては見た目のカッコ良さと持ったときのバランスの良さが非常に印象的でした。