6d007b92.jpg照射テストをしたいと思っていましたが、お外はまるで梅雨のようなお天気。降ったり止んだりでなかなか撮影が出来ません。。しかし、比べてみたいという衝動が収まらず、倉庫の中で撮影してみました。

今回照射比較するモデルは何れも80ルーメン以上、タクティカルライトと言われるようなシリーズです。全部が全部そいういった用途のものではございませんけどね。

写真の左から 
STREAMLIGHT TL-2 LED 120ルーメン CR123A x 2

SUREFIRE 6PL 80ルーメン CR123A x 2

SUREFIRE E2DL 120ルーメン CR123A x 2

OLIGHT T25CREE 190ルーメン AA x 2

LEDLENSER T7 125ルーメン AAA x 4

※照射距離約11m

さて、このクラスの明るさのものになりますと室内照射では明るさの違いがイマイチ分りづらいです。搭載されているLEDのメーカー、グレードはそれぞれ異なります。当然明るさに違いはありますが、この距離ですと「どんぐりの背比べ」的な話になります。

唯一だいぶ配光が異なるのがLEDLENSER T7 こちらはスポットモードで、かなり狭角な配光になります。周辺光は輪を描くように幾重にも重なるように広がります。他のモデルに比べて均一性では劣ってしまいますね。外で使うとかなり印象が違うのですが。。

今回の比較した中で一番明るかったのはやはりOLIGHT T25。190ルーメンでムラのない美しい配光です。しかも単3アルカリ乾電池2本ですからね、凄いじゃないですか。普段使いであれば充分すぎるくらいのスペックです。悲しいのは単3故にランタイムが短いところと、初期照度を維持できないところ。まぁ、故にタクティカルライトとは言い難いですけど、最初の明るさは驚きです。(^^;

最近は120ルーメンクラスがメジロオシなんで80ルーメンの6PLは影が薄くなった感じはあります。しかし、写真手前の棚の明るさなどはその他のライトよりも明るく中近距離において均一な配光が可能であることが伺えます。

E2DLにおいては周辺光、中心光ともやはり優秀。室内においても11mくらいなれば周辺光の拡散具合も確認できました。TL-2LEDは非常にシャープな円形光で飛んでいきます。これも屋外で比較したくなるライトでした。

ということで、何となくボンヤリとした結果になってしまいました。まぁ、互いに拮抗した明るさと性能であることは違いないと思います。次回こそお外でテストだぁ!