4ae4bcbb.jpg先週末、二泊三日でコスモ山行ってきました。恒例の?登山ライトレビューです。

二泊三日と言っても金曜日の夜に会社を出て現地の麓にて一泊し、翌日の朝から登りました。昨年の富士山の時のようなご来光目的のキッツイ日程は避けました。今回は昼間から登りますのでライト類は登山中は使いません。山頂近くの山小屋にてピカピカさせてきましたよ。

コスモ山は中央アルプスの南端辺りにある標高2613mの山です。かつては、空木岳→南駒ケ岳→コスモ山といった感じに南アルプス縦走の帰り道に通る山のようでしたが、最近テレビで放送されたらしく、ピストンだけを楽しむ人たちも多くなったそうです。書く言う私たちもそのクチでした(私は観てなかったけど。。)当日は、団体さんもいらしていて山小屋はエラい繁盛してました。

夏山の雰囲気を存分に楽しみ、かつ頂上では360度の絶景パノラマが楽しめてしまうというステキな山。登山道は非常によく手入れがされており、藪漕ぎをするようなことは一度もありませんでした。正直、驚きまいた。夏のハイシーズンですからある程度手入れされているだろうな〜とは思っていましたが、ここまで綺麗なトレイルだとは思いませんでしたね。山を管理されている方々の並々ならぬ思いが伝わってきました。

当日は伊那ダム付近の駐車場より出発。エメラルドグリーンの美しい渓谷を眺めながらジープロードを上がります。ここが意外と長く折からの暑さもあって、うんざりしてしまいます。1時間ほどかけて三合目の登山道に到着し、ようやくシングルトラックのトレイルが始まります。登山道の入り口は九十九折れ、その後は尾根伝いに地道に登っていきます。初日に一番厄介だったのが虫。羽虫どもが目、鼻、口、耳と穴という穴に入ってきます。いつもMTBで走っている時は気にしていませんが、登山となるとウザイことこの上ありません。常にまとわり付いてきます。虫除けスプレーは流れ出る汗で全く意味を成さず、虫除けネット(頭からかぶるネット)を持ってこなかったことを強く後悔しました。結局山小屋までずーっとこれに悩まされ続けました。山小屋のおじさんによると「今年は異常」だとか。

そんな感じで、一日目は3時半ごろに山小屋到着。ダラダラ登ってきたワリにはちゃんと着いたので一安心。しかし、眼前の山頂はガスってきてしまい非常にヤバそうな感じ。眺望はのぞめそうにないし、山の日暮れは早いのでこの日の登頂は諦めて山小屋でマッタリ過ごしました。