62b3d34a.jpg豪華ホルスターセット!G3L-BK-KIT01

シュアファイアのこのホルスターセット、ただのホルスターセットではありません。無茶苦茶お買い得です。

だってSF123Aリチウム電池が9本も付いてきます!!本体にテスト用3本、ホルスターのリザーバーに3本、梱包されている箱にさらに3本。ジャパネットのCFみたいな電池のオマケの嵐にびっくりです。あの赤い電池が1本あたり、ぇえ〜となどと皮算用したくなります(笑

製品とはまず関係ないところに感動してしまいました。。しかも、箱入りぃ〜ですよ。真っ赤な箱がステキです。ブリスターパック全盛の今時分、箱入りとは珍しいですね。ギフトに最適。こんなものがギフトで送られてきたら普通のヒトは?と思うだろうけどね。父の日のプレゼントとかにいかがでしょう?

さて、ようやく本品について。
リリース前よりお客様からご質問をいただいていたことがございます。皆さんが微かにそして絶対気になっているのが「ライト本体の保持の仕方」。同社のV70ハードホルスターは「バネ板」によってライトを保持するものです。私も自分のライトで試しまいたが、、うん、まぁ、ベゼルが軽く擦れます。(^^; 私のように大雑把な人間は気にしないわけですが、やっぱりシュアファイアって高いライトですから、あんまり傷付けたくないなぁ〜と思うのが人情でございます。
こちらのキットのホルスターは強化プラ製で、V70のバネ板にあたる部分もプラ製です。この部分が撓み、ホルスター全体のテンションでライトを保持します。ライトの抜き差しには少し力が要ります。多少の慣らしが必要でしょう。ですが、確実にV70よりは傷が付きにくくなっています。ただ、プラ製とは言え、気のせいかもしれませんが、微かに、薄っすら跡はのこります。正直、あまり神経質な方は使わない方がいいかなぁ?(なんかヤフオクみたいな言い回しですが)ライトに優しく接したい方はEAGLE USA(イーグル)FLASHLIGHT POUCH がオススメです。ホルスター内部にフェルトが貼られていますからね、絶対傷つきませんよ。

で、話はもどってこちらのホルスターキットには、予備のSF123Aを3個リザーブできるスペースがあります。これがまた硬い、、最初どうやって電池を抜くか分りませんでした。答えは「力ずく」でした。まぁ、何度か出し入れしていれば少しは緩むかな?
このバッテリーリザーバーがルックス的にカッコイイです。ここには赤い電池しか入れたくないです。マク●ルとか入れたくないかも(笑

ライト本体のG3Lは実用点灯時間9時間以上のランタイムに優れたライトです。搭載されたP60Lは発売以来、人気を博しているしているLEDアセンブリーです。力強い明るさと均一な配光が魅力です。ボディは軽量で丈夫と定評のあるナイトロン、ベゼルはメタル製です。風防はクリアーですが、パイレックスか否かは現在不明。追って調べます。

実用性に優れたライト本体とゴッツイホルスターのセットです。まさに業務用然とした雰囲気がステキです。ちなみにこちらのホルスターはG3Lに限らず、6PLや、G2などのパーソナルライト系ならなんでも入りますから、一台あると便利な代物です。

是非、お仕事用にガンガン使って欲しいキットです。どう考えてもG3Lライト単体を買うよりお買い得なのは間違い在りませんよ。