697f8796.jpg本日6月5日は世界環境デー。なんで、フラシュライトも省エネで。SUREFIRE(シュアファイア)Z20 Battery Spacer ダミーセル

青いCR123A電池と言えば、●ltraFireとか、、思い出してしまうのは私だけでしょうか?こちらの商品は電池ではなく、ダミー電池です。ダミー会社とかダミーカメラとか、ダミー隕石の「ダミー」です。少ない電池でライトを点灯させたい時にバッテリーボックス内のスペースを埋める為のものもです。

昨今、CR123Aリチウム電池を使用したLEDライトはとても明るいものが増えてきました。省エネで明るいものが多いのですが、、やはり明るいライトは消費電力も激しく、電池寿命は短くなりがちです。シュアファイアに限らず様々なメーカーでもバカ明るいライトはたいてい2段階くらいの調光機能があり、調光可能にすることで使用目的に合せた明るさを選べるようにしてランタイムの延長を計っているようです。

ですが、HiモードとLowモードでは明るさに開きがあり、ちょうどよい中間的な明るさがないようにも思えます。まぁ、ちょうどよい明るさなんてヒトによって様々なので一概には言えませんが、E2DLなどは屋内の近距離照射では無駄に明るい代物です。この明るさは魅力でもありますが、少し照度を落としたいな、、とか、電池を2個使うところ1個で済まないかな?なんて時に、このダミーセルを電池の代わりに装填してやるわけです。照度は電池2個の時よりも落ちますが、タクティカルな目的ではなければこの程度でも懐中電灯としては充分使える明るさだと思います。

個人で無理無理デチューンするよりも、このダミーセル一つで減光が可能ですし、100%明るさを発揮してやりたければ本来の電池に代えてやればいいだけです。

また、本来3Vでしか使うことを許されていないヘッドアセンブリーに6Vの電圧をかけるとLEDが壊れます。写真のようにE2DのヘッドをE1Bに交換するとこんな感じになるわけです。あまり、意味ないかぁ〜(笑

ここで、注意。このダミーセルが使えるのは「昇圧回路」が内蔵したモデルに限ります。ダイレクトドライブで昇圧回路の無いライトは極端に明るさが落ちるか、電圧が足りずに点灯しないこともございます。
また、電池切れになったものをダミーセルとして使うのは止めてください。CR123Aのようなリチウム電池は電池残量が極端に異なるものを直列で使用すると破損、破裂の恐れがありますので、絶対に使わないでくださいね。

かなり地味な商品ですが、あると便利なアイテムです。こんなモノでもシュアファイアの純正品です。