7d04e275.jpgSUREFIRE E1L OUTDOORMAN DUAL-OUTPUT

今年のSUREFIREのPDFカタログを見ていて「あれ?」と思っていたものがいよいよ入荷され始めました。それがE1L。昨年ですよ、新型のLEDを乗せ代えてモデルチェンジされたものが今年もマイナーチェンジを施してきました。

マイナーチェンジと言ってもボディデザインが少し変わるとかそんなものじゃありません。昨年モデルチェンジされたものは30ルーメン固定でしたが、今年のEILはL1 LUMAMAXのようにHi , Lowの切替ができるようになりました。しかし、スイッチの操作方法はE1B BACKUPと同じです。

E1Bは最初に「Hi」消灯して2秒以内に点灯すると「Low」となります。E1Lはこれが逆で「Low」から始まり、2秒以内の再点灯で「Hi」となるわけです。E1Bが登場した時点でそろそろかなぁ〜と思っていましたがこうも早くリリースされるとは思っていませんでした。

2段階に調整が可能になったわけですが、Hiで45ルーメン。これは2007年モデルが30ルーメンですから2007年の E2L と同じになったんですね。ただし、明るくなった分ランタイムは短くなっています。Lowモードは3ルーメン。E1Bの5ルーメンよりもさらに暗い。。ってこれだけ細かく刻む必要があるのでしょうか?いっそ笑ってしまいました。Lowモードであれば48時間も点灯できるので、割り切って使えば3ルーメンでも手元は充分照らせます。E1BはHiで80ルーメンとかなりスパルタンな味付けになっているので、アウトドアユースであればこのくらいがベストといえます。

あとは、固定30ルーメンのモデルとの対比になりますが、、正直どうなんでしょう?「等価交換」なんですよね。同じLEDを使っておりますので明るくすれば電池の消耗が早くなるわけです。それを2段階切替でなんとかもたせようという魂胆。
照度変更及びスイッチ操作の変更はマイナーチェンジというにはあまりにも大きな違いがございます。ですが、これだけ違うとユーザーの好みや利用用途に大きく左右されますので、今のところ両モデルとも並行販売されます。

まぁ、将来的にはどちらかに統一されるのだと思います。どちらが優れていてどちらが劣っているとか言うものではないのですけど。ホント好みになるかな?

ちなみに、ボディデザインは全く変わりません。少なくとも自分が見た限りでは相違が分りませんでした。私としてはこのマイナーチェンジ、いろんな意味で微妙〜です。明るくなるのは良いのですけどねぇ〜。

照度2段階調整で上手いこと使い分けましょう。E1L DUAL-OUTPUT