0c0472a8.jpgRAYSVISION MM-001 1AAA コンパクトLEDライト

RAYSから新作到着です。これまでRAYSVISIONからはCR123Aリチウム電池を使ったタクティカルライトのみリリースされておりましたが、今回はAAA(単四電池)を1本使ったコンパクトライトです。

人差し指程度の長さでかなり小さいです。テールプッシュスイッチなどはなく、ボディをネジると点灯する極めてシンプルな造り。電池が挿入される空間もギリギリの設計。全長76×全幅13mm 一昔前であればこのサイズのコンパクトライトはボタン型のリチウム電池をつかっていたものが一般的でした。コイツは削りに削ったスリムボディです。キーホルダーにつけてポケットにしまっても邪魔になりません。また、ボディには転がり防止が施され、ストラップも付属します。

残念ながらテスト用電池は付きません。別途ご利用ください。

これだけコンパクトなのにも関わらず、CREE 7090 XR-E LEDを搭載。使用電池が単四電池1.5vと電圧が低いので同社のCR123Aモデルよりも暗いです。ただ、単四1本でこの明るさは充分。CREEなんでけっこうスポットかな?と思いましたが、意外と周辺光も出て広がります。使用者から見て光の実用到達距離はおよそ5m。4m以内の範囲でお使いになるのがベストと言えるでしょう。

実際に手で持ってみると質感などはL-6TZ-9Tと一緒、つや消しボディです。しかもヘッドには生意気(笑)にもストライクベゼルっぽいものまで付いています。GENTOSでもGENTOS SUPER FIRE REPLICAというライトを出していましたが、いわゆるマスコットモデルのようなものかな?

GENTOSと言えばGENTOS ペンクリップ・スリム EN-041Rも単四1本で点灯するモデルがあります。これはテールスイッチが付いています。こちらもコンパクトな割りに明るいので人気のあるモデルです。EX-041Rと比べても明るさではMM-001の方が若干明るいです。まぁ、価格はRAYSの方がずっと高いですが。。。

このサイズと造りと明るさ、総合してみるとなかなか良いライトです。ちなみにいつものように自転車にも付けてみました。使うブラケットは自転車用 LEDライトブラケット。ライト本体がコンパクトで軽量なのでこれで充分。本当に暗い道では使えませんが、街乗りなら充分でしょう。なによりコンパクトでカッコイイのでデカいライトを付けたくない方にオススメです。