d6b2bade.jpgロウソクのようにゆらぐ優しい灯。
NICHIDO YLC-6P ゆらぎ LEDキャンドル

昨年、大都市部を中心に二酸化炭素削減をテーマにしたイベントとしてキャンドルナイトが各地で行われていましたね。深刻な地球温暖化を防ぐ為に、家庭やオフィスの照明を消してロウソクを燈して楽しもう、というものだったと思います。東京でも六本木ヒルズとかでやってましたねぇ。

まぁ、一晩消したたからといってすぐに二酸化炭素が減るあるわけではありませんが、啓蒙活動としてはいいじゃないでしょうか。ただ、、ロウソクは実際に火をつけるので火災には充分注意しなければなりません。そこで、消費電力が非常に少なく、且つ安全なLEDライトを今年は試してみてはいかがでしょう。

LEDキャンドルとは、いわゆる癒し系(死語?)インテリアLEDライト。昨年末のクリスマスシーズンには巷でも同じようなものがたくさんありましたね。

多くのものがリチウムボタン電池を使ったものなのですが、こちらのYLC-6Pは充電式。100V ACアダプターと充電器がセットで付きます。8時間の充電で12時間以上連続点灯可能です。

ロウソクのアカリをイメージさせるLEDが仕込まれたキャンドルと曇りガラスのようになったセードは共にプラスティク製。落としても壊れ難い素材で出来ております。光源がLEDなので倒したりしても火災の恐れもなく、気軽に使えます。

で、実際に点灯してみると明るい状態では「?」といった感じ。大丈夫か?これ。。なんて思っていましたが、倉庫の照明を全部消してみると、、おおぉ、ムーディ〜。

ボロい倉庫の鉄階段がまるでモダンな居酒屋のように、なんてねぇ〜。うーん、マジックです(笑)。なかなかおしゃれ、6個だけでなくたくさん置きたくなってしまいました。

LEDのゆらぎっぷりですが、けっこう忙しないです。もう少しマッタリしたゆらぎが良かったかなぁ〜、今回は動画も撮りましたのでそちらをご参照ください。まぁ、好き好きですね、この感じは。以前に常灯のLEDキャンドルがありまして、それは青色だったんですけどね、前に紹介したような。。出来れば「ゆらぎモード」と「常灯モード」を作って欲しかったです、私としては。

バーカウンターやテーブルサイド、ご家庭から店舗まで、様々なシーンで暗闇を演出するアイテムとしてオススメ。たまにはメインの照明を消してLEDキャンドルでステキな夜を演出してみてはいかがでしょう、ムフフ。