0264e409.jpg今回のA&F CUP24では、各チームでのライトのレベル、というか威力というか、明るさにハッキリと格差がありました。

ライト関係で力を入れたチームは主にHIDをメインのLEDとして使っていたみたいです。有名どころですとTOPEAKのムーンシャインやNITE RIDERでしょうか?新品ですと4〜8万円に迫る高級ライトです。気合の入りようが違います。もちろん、チーム全員で揃えられたところがいくつあったか分りませんがリアルレーシングクラスでは実際にいましたね。当然明るさではダントツでした。

対して、これは街乗り用では?とさりげなく突っ込みたくなる装備のチームも。。といった感じで両極端でしたね。

HERAT VIEW/アカリセンターのようにハンディタイプのライトを多灯しているチームは少なかったかな?これって意外だな。と思ったのは自分だけでしょうか?ワリと皆さんちゃんと自転車用のライトを選んできているところが律儀。そう考えると我々はやりたい放題でした(笑)。

夜明けの7:00までライトの点灯義務があったのですが、電池のストックもなんとか間に合いチームの皆さんも無事、怪我もすることなく「夜の部」を乗り切りました。マーシャルの方々に「明るいねぇ」と評されるほどの明るさは維持できていようです。サポートとしては一安心。

ちなみに、LEDの装着の仕方やライトの選別は選手各自にお任せしました。なぜなら、使う本人が一番使いやすくアセンブルするのが一番だからです。どんなライトがよいか?それは実際に使ってみないと分らないことが多いです。好みといっても言いし、相性といってもいいでしょう。サポートした私たちでさえ、想像だにしなかった使い方をしてくれます。なんで、かなり勉強になりましたし、何より面白かったです。