916aa658.jpgA&F CUPの詳細を報告しまぁ〜す。

先週末11月10日、11日に伊豆修善寺で開催されたA&Fカップ24時間耐久レース。当日は予報どおり小雨。朝8時に現地入りしましたが、すでにチームのみんなを始め参加者のほとんどがテントやターフを張っていました。何気に遅刻(^^;

大会関係の方に挨拶して、チームの皆さんに挨拶して、、この日の為に作ったバナーを設置しました。モノホンのバナーですよ。生意気にも名立たる自転車ブランドの物よりもデカイし。。。ホームストレートで目立っていたかな?

小雨のパラつく中、A&F代表赤津社長の号砲と共に予定通り午前10時にレーススタート。これから翌朝の午前10時まで24時間走りまくりです。出場選手はもちろんのこと、大会関係者すらこの先どうなるか分らない気の遠くなるようなレースの始まりです。普通のエンデューロレースですとスタートの瞬間ってかなり緊張するんですが、24時間レースですからね、なんとなくマッタリした雰囲気で始まったように思えます。5kmのオーバルコース走るの大変だったろうなぁ〜。

雨の影響もあってダートコースのコンディションは最悪。タイヤがドロを巻上げ、芝がそのドロに張付き、さらにその上にドロが、、といった具合。ディスクブレーキを装備していないバイクは押して走るのも困難な状況でしたね。

レースが始まってしまうと私は夜までやることがありません(笑)
ライダーの写真を撮りに行ったり、応援したり、カレーをご馳走になったりとキャンプ気分で楽しく過ごしていました。

最悪のコンディションのシングルトラック

気がつくとレース開始から4時間、午後の2時になってました。普通のレースならもう終わる頃ですよ。なのに、、まだ1/6!あと20時間!と、改めてぶっ飛んだレースでした。

そしてなにより、定期的にアナウンスされる順位経過を聞いて驚きました。この時点でHEART VIEW/アカリセンターは2チームとも2位、3位。すごい!このままレース終わらないかなぁ(ナイトライドしていないけど。。)なんてね思ってしまうくらいの快調な走り。

「でも!あと20時間!」

なわけです。まだまだ序盤の序、戦いは果てしなく続きます。。