ea25858f.jpg今回も深夜の港湾道路で走行照射テスト。

得物はSUREFIRE 6PL。M-BCは1インチのボディ径のライトであればスペーサーなしで取り付けられるので6PLは丁度良いサイズといえるでしょう。前々からこのライトの優秀さについて触れておりますが、今回も改めて実感です。

先日試走してみたGENTOS SF-501よりも更に明るく感じましたね。501がヘッドから扇状に光が拡散するのに対して、6PLはヘッドから一条の光が出て30cm程度離れたところから爆発的に球形の光が広がる感じです。動画でも分ると思いますが、画面の下両端が暗くなっています。ライトの角度が影響を与えると思いますが、それほど使い勝手は悪くありません。

SUREFIRE 6PLG2Lは常時点灯するにはテールプッシュスイッチをねじ込むタイプなので、スイッチのON/OFFが少し煩わしいかも。片手でスイッチを回さなければなりませんから。クリッくONならまだマシでしたが、、仕方ありません。まさかSUREFIREを自転車に付けようなんざ開発者は思ってもみてないでしょうから。

6P LEDはランタイムに非常に優れ、今回の撮影で使用したものは前回のナイトトレイルライドで使用したもの。電池を変えずに一時間ほど走っていましたが少し暗くなったかなぁ〜くらい。まだまだ全然イケそうな感じ。SF-501よりも電池が1本少ないにも関わらず、、、です。

イニシャルコストは約2倍ですがお試しいただく価値はあると思います。