b58d10dc.jpg先週末にようやく入荷いたしました。RAYSVISION Z-6TZL-7。どちらもCR123A 2本使用します。Z-6Tはサイズ的にはSUREFIREの6Pに似通っていますが、搭載されたランプは最初から120ルーメンのキセノンバルブ。こりゃぁ、まさにP61ですな。(笑
配光は準散光。中心照度は非常に高そう!力強いビーム光でした。周辺光も充分な明るさです。このサイズでこの明るさ、LEDではなかなか実現できないことですよ。
ボディはZ-9Tのショートバージョン。質感、デザインともに同じものです。ランタイムも一時間と変わりありません。Z-9Tほどの明るさが必要なければ、手のひらサイズのZ-6Tは使い勝手が良さそうです。120ルーメンでも大概な明るさなんで省エネタイプの65ルーメンくらいのバルブが欲しかったかな?実用的でしょ、それくらいが。うっかりするとシュアのP60バルブが入ったりして(笑
今度試してみます。

もう一つのZL-7は、SUREFIREのA2 Aviatorと同じようにLEDとキセノンの両方が使い分けられるハイブリッドタイプ。中心のキセノンバルブが80ルーメン、同心円上LEDは白色5mmが6灯配置されています。A2 Aviatorは50ルーメンのキセノンにLEDが3個ですから、それよりは確実に明るいものでしょう。配光は非常にフラットでムラのない光。ベセルを回すことでLEDのみの点灯も可能。大幅にランタイムを伸ばすことができます。手元の地図を見るときはLEDのみ、明るさを必要とするときはキセノン点灯と状況に合わせて使える実用性の高いライトです。もちろんキセノンバルブのみライトユニットから外すことが出来るのでバルブのみの交換も可能です。交換バルブも近日発売いたしますのでご安心あれ。

等々、なんだかSUREのパクリ?もとい!よく似た性能と造りだと思います。しかも本家を凌駕しようとしている辺り「頑張っている」感があってステキです。価格的には1/3程度ですからぁ、相当頑張ってますよ。