d0834089.jpgCATEYE HL-EL520

CATEYE HL-EL510の強化型。 1.5倍の明るさ。自転車関係のライトに興味がある方は昨年の暮れからチェック入れていたんじゃないでしょうか。外観上はヘッド周りが黒メッキされており、ちょっと「高級感」つーか、EL510よりも高そうな感じです。(笑)

しかし、機能的にはかなりの変更されています。EL510は調光が可能でHi、Lowの切替が可能でしたが、EL520は調光機能をキャンセル。代わりにフラッシュモードを追加しています。自転車用ライトとしてはEL520の方がオールドスクールタイプ。

CATEYEとしてはEL510でヘッドライトの常灯を推奨するつもりだったんだろうけれど、Hiモードでは60時間。決して短くはないランタイムですが、この手のライトはツケッパなしのユーザーが多いと思います。Lowモードで電池をケチると本来持っているスペックを発揮することなく「なんとなく暗いライト」というイメージをユーザーに与えてしまいます。その点、EL520のようにフラッシュモードを通常では使いつつ、ココゾっという時に点灯モードに変える方がいいのかも知れません。

どちらがいいかというより、好みの問題かもしれませんけどね。

個人的にはブラケットに変更があったことに興味を持ちます。これまでEL510についていたのはMODEL H-32というブラケット。ハンドル径に制限はあるがしっかりと固定でき、リリースも簡単なので良いブラケットだと思っていたんですけどね。。EL520は新型のFlex Tight MODEL H-34というものに変わりました。ハンドル径を選ばないのでバイクに合わせてブラケットを購入する必要がありません。ただ、リリース自体はH-32の方が簡単ですね。頻繁にライトの着脱をされる方には少し煩わしいかも。

外観上は大きな違いがなくとも単に明るさがアップしただけではないので、好みに併せてEL510と520を選んで欲しいです。まぁ、CATEYEとしてはEL510はカタログ落ちする予定ではいるんでしょうねぇ〜。上期のカタログには乗っていましたけど。来年はどうなっているか分かりませよ。

PS ロードバイクを買いました。
山ライドばかりやっていましたが、平行してロードもちょっと始めます。ってもシングルギアですけどね。ホンキでロードやっている人から見ればふざけた自転車です。。会社帰ってきてから夜な夜ないろんなライトを試しつつタウンユースでの照射実験もやってみます。お楽しみに。

っても納車は3月下旬