2f36dd70.jpg最近手に入れて12wのLEDライト。LUMILEDS-K2搭載の大陸生まれ。詳細は不明です。正直そんなに期待していなかったのですがね。手元に届いて驚きました。GENTOSなんかと比べても、外観や電池ボックスのねじ切など質はいいみたいです。意外と造りがいいんですねぇ。

私がもっているライトでこいつとタイマン張れるヤツはコレしかねぇ!ということでいつものGENTOS SF-501。(毎度のことですが。。)で、まずは照射実験。今日は忙しかったので投光風景は撮りませんでした。メンドイ(笑

で、会社のどこからか出てきた照度計。これで早速測定。単位はルーメンね。
あくまでも素人計測なんで、参考にするくらいにしてください。

計測距離

【2m】 SF-501:340 12W:405

【3m】 SF-501:105 12W:370

【5m】 SF-501:35 12W:95

チュー感じですわ。数値が高いほうが明るいのです。
この12wですが、準集光型なんで遠くを照らすのに長けています。リフレクターの大きさは501より遥かに大きいのですが、至近距離からの明るさは感覚的ですが501の方が明るいです。明るいと言うか視認性がいいですね。ムラのない配光、これが501の最大の特徴ですね。もちろん12wも素晴らしい配光ですが、12wというLEDでは規格外の電力で得られるメリットは、その実用面でのスペックを見比べると若干色あせてしまいます。

まず12wの連続仕様時間は僅かに20ぷん!わははっ、ひでぇ。。
それ以上使うとLEDが自己融解するかもしれませんね。その前に電池が逝ってしまうか。
どっちにしても実用性は皆無、コレクション性の強いブツです。ナイトライドで使うならネタくらいにしか使えそうにないです。故にマニア心をくすぐるアイテムであるのは間違いないですね(笑

まぁ、こういうLEDライトもあるわけで。改めてライトの世界の奥深さを知ったのでした、なんてね。自分としては単に「おぉ、12Wすげぇ!」と思って手にしただけ。

次回はちゃんと照射実験の模様を撮影しますよ。