17f42869.jpgナイトライド、、最近やってません。
MTBライドにはベストシーズンなんですけどね。なかなか都合が合わずやってません。なんで、ブログのネタも少なめだな。だって夜走るより昼は走った方が楽しいですよ、今の季節は。
山は秋色。紅葉で染まったトレイルを流して走るのは気持ちいいです。先日は河口湖まで行ってまいりました。ブラウンの絨毯を巻上げなら尾根伝いに走りました。日差しが気持ちよくてねぇ〜楽しかったですよ。



ヘルメットはナイトライド仕様のまま。。
さて、、これだけで終わってしまっては、ただのライドレポになってしまうので商品の紹介してみます。このところ好評のCATEYE HL-EL510です。1Wのライトなんで、




パトリオパワー GT-06
PWと比較してみました。写真では分かりにくいですが、EL510はリフレクターが大きいこともあり、広範囲を照らす事ができます。しかし、配光は若干疎ら。これまで手にしてきたフラッシュライトと比べるとあまり綺麗な配光とは言えません。ほぼ同じ明るさにも関わらずこの違いはなんなのでしょう?ムラが若干あるので、ちょっと不満かな。
CATEYE EL510



自転車専用なので、ブラケットを含め、機能的なデザインではモンクは付けられませんね。あえて言うならスイッチはEL500のようなマグネットスイッチにして欲しかったな。あの操作性の良さは格別ですよ。なんでテールプッシュタイプになったのか不思議でなりません。Hi、Lowの2段階切替、連続使用60時間は自転車用ならではの実用性を感じます。

このところ思ったのですが、単に明るさや配光だけでは自転車用ライトを語るのは難しいような気がしてきました。つまり、日常での使用感っていうの?性能云々の前にそういった気の使いようが製品に感じられます。どうしてもスペック面から品物の良し悪しを判断してしまう癖がありますが、実際に「毎日」使ってみないと分からないこともあると思います。ナイトライドはヒトトキの快楽に過ぎませんから。毎日使って良さが分かるものですかね?このライト。
PATORIO POWERとの比較(P.P左 EL510右)