334a2538.jpgCATEYE特集 第二弾は集光タイプ二連装のEL710RCです。昨日紹介したEL700RCと双璧をなすCATEYEのバッテリーライトです。

CATEYEの製品の中ではHL-EL400同様、自転車用ヘルメットに装着可能な数少ないモデルです。もちろん自転車のハンドルにも装着可能。ヘルメットへの装着は専用のバンドを使い、メットのベンチレーターに通して使います。マジックテープ式なのでフレキシブルに対応できますが、クロスカントリーもしくはロードヘルメットに対応です。お椀型やフルフェイスにはこのバンドでは付けられません。
ヘルメットに装着する為の専用バンド付
で、EL700RCとの違いは2灯か3灯かの違いだけに留まりません。全く異なる配光をしております。700RCが「超散光」に対して710RCは「集光」。装備されたレンズはいずれも集光型なので遠くまで照らす能力に優れています。自分はナイトライドをしているんでこれはかなり「理にかなった」ことなんですよ。
700RC同様ニッケル水素電池
どういう事かという言うと、二輪車で曲がる時は必ず、曲がる方向を見ながら曲がるので遠くを照らすっていうのは良いですよね。

だかぁらぁ、EL700RCをバイクにつけてEL710RCをヘルメットに付けてみてはいかが?
最強だぜっ。最高に高いけどな。。

まぁ、ランコストを考えてみると決して高くは無いんですよ。たとえば、GENTOS SUPERFIRE SF-501 は使用電源にCR123を3本使ってますよね。一本500円はする501ユーザー泣かせの高ぇ電池です。3本使うワケですから、1500円。501の実質ランタイムは2時間ちょいなんでナイトライドなら二回くらいしか使えないわけですよ。バッテリーユニットがあれば毎日だってナイトライド出来ちゃいますよ(しないと思うけどね。。)
3W集光2連装
ナイトライドは別としても通勤通学で自転車に乗っているなら、これほど有用な用途はないでしょ?超へビィーユーザー向けなのは間違いないけどね。性能、ランコストを考えてもこれまでにない出来ばえですよ。